赤ちゃんの成長を助ける、赤ちゃんにやさしいお布団を選ぶ方法

お布団の重要さ

ベビー布団の素材選び

ベニー用品は、デザインや色など眺めているだけでも可愛い物が多くて心が癒されます。 初めてのベビー誕生となるとなおさらデザイン重視でベビー布団やベビー服などを選んでしまう事が多いと思います。 しかし、ベビー布団であれベビー服であれベビー用品は赤ちゃんの直接肌に触れる機会が多い物です。 なのでデザインも、もちろん趣味に合った物を選びたいですが、なによりも重要と考えて欲しいのが素材です。 洋服もそうですが、赤ちゃんは寝る事が仕事と言われるぐらい寝ている時間も多いので、布団の素材にもこだわりを持って慎重に選んで欲しいと思います。 ベビー布団を選ぶ時のポイントとしては、素材・肌触り・サイズ・デザインの4つを考えて選ぶと失敗なく、それなりに自分の納得したベビー布団を購入できると思います。

赤ちゃんにとって寝やすい素材

寝やすい布団とは布団の中の湿度と温度が寝やすさに係わってきます。 大人にとって寝やすい物であっても、赤ちゃんにとって寝やすいとは限らないのです。 何故かと言うと、赤ちゃんは大人に比べて体温も高かったり汗の調節まだ未熟です。 そのような赤ちゃんの体質に合わせて、汗の放出に優れていて保温効果が高い物。 かけ布団に関しては軽い物が良いと思います。 先ほども書いたように赤ちゃんはとても汗かきであります。 汗の放出の少ない素材だと中が蒸れてしまってかえって体を冷やしてしまう事にもなります。 放出性の高い素材は化繊の素材より天然素材の方が優れています。 天然素材だと羊毛、羽毛、綿です。 羊毛は汗の放出に優れているので敷布団は羊毛良いと思います。 掛布団に関しては羽毛が軽くて良いと思いますが、気密性のある部屋で使用するのであれば羽毛だと暖かすぎてしまう事もあるので、綿の素材が良いと思います。

購入について

赤ちゃんが寝る時に使用するお布団は普段私達が使用しているものとは少し異なります。ベビー布団を購入する時にはそのタイミングと平均的な値段を予め知っておくようにしておきましょう。最近はセットでの販売もあります。

自分で作る

最近では自分で家具を制作する「DIY」というものが流行っています。このDIYは高い材料費を使わずとも、100円ショップを利用して簡単に作ることも可能です。慣れてから様々な工夫を織り交ぜるとよいでしょう。

PICK UP

  • 楽しく模様替え

    安い家具を購入して、それを自分好みにDIYすることによっておしゃれに模様替えを行うことができます。コストも抑えることができ、とてもお得です。最近ではインターネットで安く家具を購入できるようになりました。

  • 昔の技術を活かす

    昔から使用されてい技術を利用することも良いでしょう。その中でも薪ストーブはコンパクトながら熱効率がとてもよく、最近再び注目を浴びるようになってきました。癒やし効果も存在し、魅力的な商品なのです。

  • ベッドについて

    睡眠はとても重要です。そのためにベッド選びもとても重要になってきます。ベッドにも様々な特料が存在し、バネの力が強いものなど様々です。構造や値段をみて、自分に合うものを選ぶようにしましょう。